東北の人気のゴルフコース

東北地方の人気があるゴルフコーストップ5を紹介します。

まず1つ目は、ボナリ高原ゴルフクラブです。福島県耶麻郡の猪苗代湖町にあり、日本一のロングホールがあることで有名なところです。アメリカ人の設計家ロナルドフリーによって設計されたゴルフ場で、どのホールでも美しい景観を見ながらプレーをすることができます。特に紅葉の季節は格別で、夏も湿気が少なくて涼しく緑に囲まれながら快適に楽しめるところです。グリーンは適度にうねっていてスピードの出やすく、バックティが用意されているので上級者やプロにも挑戦する楽しみがあります。食事や周囲の環境面もとても充実しているので、初心者にも楽しめます。

2つ目は、夏泊ゴルフリンクスです。青森県東津軽郡平内町にあり、スコットランドの牧場を思わせるような広大なゴルフ場です。場内にはアメリカのデザイナーによって設計された12室のロッジがあり、そこで宿泊すれば誰もいないリンクスを散策することもできます。樹木がないコースとうねりのあるフェアウエイやバンカーは、リンクスそのものの雰囲気です。

3つ目は、メイプルカントリークラブです。岩手県滝沢市にあり、世界中の有名なコースをモチーフに設計されています。バンカーは岩手山をイメージした造りで、岩手県の自然や文化、景観を感じることができます。プレイヤーの腕が試されるかのように戦略的なコースレイアウトとなっていて、おもしろいプレーができると評判です。

4つ目は、グランディ那須白川ゴルフクラブです。ロバート・トレント・ジョーンズ・シニアが人生最後の設計をしたとされるコースで、プロの試合も良く行われる戦略的なコースを持ちます。フェアウエイはうねりがあり、グリーンも傾斜になっていたりするので全体的に難易度が高いコースになりますが、それだけ挑戦する意欲がわき、楽しめるゴルフ場です。

5つ目は、利府ゴルフクラブです。宮城県宮城郡利府町にあり、東北地方では唯一竹村秀夫が設計したゴルフ場で、プロの試合も多く行われています。グリーンが早めでメンテナンスも行き届いていると評判の丘陵コースです。フラットなグリーンの中にアンジュレーションを盛り込み、ピリッとスパイスを効かせた設計となっています。18ホールすべてに個性のある景観があり、アップダウンが少なくコースは極めてフェアな作りとなっています。本場のグリーンと同じような練習場も併設していて初心者にも優しいゴルフ場です。