中部地方で最高のゴルフコース

“中部地方には様々なゴルフコースが設定されていますが、その中でも最高のゴルフコースとして知られているものの一つに名岐国際ゴルフ倶楽部が挙げられます。中央アルプスの背高い山並みのパノラマを眺望することができる、36ホールズの丘陵コースになっています。なぜここが最高のコースと言われるのかというと、四季それぞれの美しさが顕著に移りゆくコースだからです。その中でも涼風に満ちた夏季の爽快感は格別といえるでしょう。リゾートコースとしても非常に高い支持を得ていて、コースは妻木コース18ホールと、三国コース18ホールの二つの両方を楽しむことができます。所在は岐阜県となっていますが、愛知県の瀬戸市にも隣接していて、ここは名古屋市近郊都市でもあることから、名古屋市の東エリアからは高速道路を使わなくても到着することができるでしょう。名古屋市の中心部からも約30キロほどで、高速道路を使えば瀬戸品野のインターからは約15分、中央道の多治見インターはチェンジからは約25分ほどで到着します。

二つ目に最高のコースとして挙げられるのは桑名国際ゴルフ倶楽部です。名古屋市内からは約30分ほどで到着し、鈴鹿連邦や多度養老山系の美しい景観を望むことができる、老松でセパレートされているコースとなります。タイプの異なるコースが合計で36ホールあり、ロングヒッターも満足するほどの7000ヤードを超す雄大さや、バンカーや池が織りなす繊細さの両方を兼ね備えた風格あるコースが自慢です。ラウンドするたびに新鮮な気持ちを楽しむことができるでしょう。

そして三つ目にはフォレストみずなみカントリークラブが挙げられます。釜戸温泉の近くに位置している丘陵コースであり、数多くのビギナーはアベレージを趣旨としているゴルフ場です。アウトはフェアウェイが広く豪快なショットを楽しむことができるでしょう。反対にインとなるときめ細やかなテクニックが要求されることにもなります。1987年に開場した老舗のカントリークラブで、美濃焼きや化石の故郷としても知られている瑞浪市の郊外に位置しています。自然にあふれるロケーションにもかかわらず、名古屋方面からも岐阜方面からも交通アクセスに優れ、絶好のゴルフコースと言えます。コース設計に当たり自然との調和が大切になされていて、バランスのとれた美しさが整っています。それぞれのホールには自然との調和が巧みに取り込まれていて、豪快なショットを楽しんだりきめ細かなテクニックが要求されたりと、様々な楽しみ方をすることができるでしょう。”