パッティングスタイルの研究:まずは自分に合うスタイルを試して探そう

ゴルフには、ドライバーは魅せるため、パッティングは稼ぐためという格言があります。上達の為にはドライバーで距離を伸ばすよりも、グリーンの上でのスコアを縮める方が簡単で、確実です。しかし、練習場に行くとアマチュアゴルファーはドライバーの練習に時間を費やすのが通常で、バッティング練習用のグリーンが併設してあっても、多くの人は見向きもしません。ショートゲームを確実にこなすことで、スコアは一気に縮まります。

パッティングで大切なことは再現性です。同じ動作がしやすいパッティングスタイルを試して見つけて、繰り返し練習を行うのが近道です。そのためには、何度でも再現できる基本的な型を理解して身に付けることが求められます。基本となるパッティングスタイルを紹介すると、まずは胸と二本の腕で五角形をつくります。この五角形をできるだけ崩さないように、パターを動かすことが重要です。フォローまでこの形が崩れなければ、同じ動きを繰り返しやすくなります。

ゴルフの上級者のバッティングフォームを見ていると、その特徴としてシンプルな動きが挙げられます。構えたらクラブを上げて、下ろすという動きが無駄がなく、スムーズです。変に力が入っていなく、手先で打っていないことがよくわかります。

これらの基本や特徴を理解した上で、自分に合うスタイルを試して探すことが大切です。クラブの動き方やボールの転がり具合を確かめながら、どんなパッティングスタイルをした方がよく入るのか、少しずつフォームを変えて試していきます。他のクラブのスイングと同じように、ヘッドアップは厳禁です。カップにボールが飛び込む音を、左耳で聞く位の意識があるとなお良いです。

グリップも悩ましいところですが、いろいろなプロや上手な人の形を真似してみるのもおすすめで、その中からスムーズにヘッドが動くものをチョイスしていきます。基本は両手のひらをぴったりと合わせてスイングする感覚なので、それに近い両手の一体感を探すのも上達の為に役に立ちます。

パッティングの最中に緩んだり、手に力が入ってしまわないように一定のリズムでスイングすることが大事です。初心者にありがちなのが、バックスイングを大きくとって手元で合わせに行くスタイルで、これではいつまでたっても距離感が身に付きません。カップを眺めながら素振りをして力加減を確かめ、いざ打つときにはその力加減のみに集中すると良いです。自分のスタイルが見つかれば、グリーンの上で行ったり来たりを恐れることはなくなります。