ゴルフ初心者がボールをまっすぐ飛ばすコツ

ゴルフは、地面に置いてあるボールをクラブで打つだけだから簡単だとイメージする人がいますが、そんな単純ではありません。実際に打ってみるとよくわかりますが、まずまともに当てることすら困難です。まっすぐ遠くに飛ばすことがいかに難しいか、身をもって体感することができます。

ゴルフを する ゴルフのコツ

ゴルフの上達の為に最初に取り組むべきコツとして、目線の意識が挙げられます。打ったボールがどこに飛んでいくのかは誰しも気になるところですが、そこをぐっとこらえてクラブヘッドが通り過ぎるのを待つ忍耐力が必要です。いわゆるヘッドアップをしてしまうと体は開き、アウトサイドインの軌道になります。フェイスも開くため、ボールは右に飛び出し右に曲がっていく力のない球筋にしかなりません。右肩が顎の下に来るまで我慢をするのがコツです。

手や腕だけの力に頼るのではなく、体全体でスイングをすることも大切です。クラブを持っているのは腕なので、ついそこに頼ったスイングをしたくなりますが、下半身までしっかりと使ったスイングをしなければ、ボールを遠くにまっすぐ飛ばすことはできません。手や腕の力はできる限り抜いて、リラックスさせることが上達の為のコツです。ゴルフクラブがすっぽ抜けないように握れていればそれで大丈夫で、力みは必要ありません。

ダウンスイングの時も、腕の力を入れるのは禁物です。力の入れやすい部分に頼りたくなる気持ちをぐっとこらえて、下半身主導でスイングをすることができれば、まっすぐ飛ばすための準備が整います。スイングの最中に力を抜くことは力を入れるよりもはるかに難しいですが、初心者のうちから気をつけておけば変な癖もつきません。

ゴルフクラブを振ることに慣れていないと、道具に振り回されるようなスイングになりがちです。そうならないためには、下半身ができるだけ不動で打てるように体重移動をする必要があります。そのためには、母指球に意識を集中して踏ん張る練習をすると良いです。母指球に力が入っていれば体重を乗せて行っても、膝が割れてしまったり体重が乗らないままのおかしなスイングをしにくくなります。

ボールをまっすぐ飛ばすためには、クラブフェースの芯でボールを捉える必要がありますが、フルスイングでこの感覚をつかむのは初心者には困難なので、まずは小さなスイングから始めると良いです。膝の高さで左右にスイングをして当たるようになったら腰の高さ、次は肩の高さと少しずつ振り幅を増やしていく練習が効果的です。