ゴルフ豆知識:簡単な精度のヒント

日本人は、男性も女性もゴルフ好きが多いです。最近は気軽に学べるゴルフスクールが次々と誕生し、学校の帰りや会社の帰りに練習して帰る人も増えています

初心者の場合は、慣れるまでに一定の練習量が必要になります。レッスンを進めて上手に打てるようになると、次に問題となるのが精度です。

ゴルフはターゲットゲームと呼ばれています。直径10cmほどのカップに、何百メートルも離れた場所からボールを入れる難しい競技です。できるだけスムーズにボールをカップに入れるためには、ショットの精度が問われます。精度を出すためのヒントを知っておくと、無駄な時間を使うことなく上達することが可能です。ゴルフスコアの4割はパッティングで、アイアンショットの精度が上がれば100を切ることも難しくないです。アイアンショットの精度を上げたい場合、まずはミスの原因を徹底的に分析します。ミスの原因に自分で気付くことができれば、客観的な分析をしながら練習することができます。何が原因で精度を落としているかが把握できれば、改善する連取をすれば上達します。スイングのテンポに問題がある場合は、メトロノームを使った練習方法も役立ちます。引っ掛ける癖がある場合は、スイングのテンポを安定させます。練習をしている際に、両足にかかる体重のバランスが崩れてしまうと安定性が失われます。最近はスマートフォンで簡単に動画を撮影できるので、自分のスイングをすぐにチェックすることが可能です。録画をして確認すると、おかしな部分が把握しやすくなります。肩のバランスも重要で、全体的なバランスが整えばスイングの安定感にも良い影響を与えます。

ゴルフではメンタル面を鍛えることも重要です。不安があるとゴルフの精度に悪影響が出ます。悪いイメージを払拭するためには、納得できるまで練習する必要があります。練習して上達すると自信がつき、不安な気持ちが徐々に消えていきます。体重移動のコツをつかむことも大切で、コツがつかめると飛距離の精度が上がります。