北海道の人気ゴルフコース

北海道には数多くのゴルフ場が存在しています。広大な土地と豊かな自然に恵まれていて、このような気候や地形を生かしてできたゴルフ場は、ゴルフが好きな人にとっては魅力的な舞台の一つと言えます。たとえ道外の場所に住んでいたとしても、ゴルフツアーを利用することによって、気軽にゴルフに参加することができるでしょう。そこで今回は北海道の人気ゴルフコーストップ3をご紹介いたします。

北海道の人気ゴルフコースとしてまず挙げられるのは、ユニ東武ゴルフクラブです。夕張郡に位置しているこのゴルフ場は、道央自動車道の江別東インターから約30分のところにあります。札幌のほぼ真東、直線距離でおよそ30キロといえるでしょう。旬の時期になると、夕張の名産品としても知られている夕張メロンも販売されるので、観光気分も味わうこともできます。このゴルフ場には、水、光、風という三つのコースが存在しています。それぞれの名前に意味があり、水のコースではウォーターハザードが多用されていて緊張感あふれたコースを楽しむことができるでしょう。

二つ目に挙げられるのが苫小牧ゴルフリゾート72エミナゴルフクラブです。ここには東と西、南の三つのコースが存在するエミナゴルフクラブ、そしてアウトとインのアイリスゴルフクラブの二つにより構成されています。二つを合わせた規模は、何と北海道の中でも最大級です。2018年には全体のリニューアルが行われ、さらに便利に利用できるようになっています。これまでに様々なトーナメントの舞台にも選ばれた南コースをはじめとし、それぞれの魅力を味わうことができるゴルフ場と言えます。

三つ目に挙げられるのは千歳空港カントリークラブです。名前からもわかるように、新千歳空港からほど近く、交通アクセスは良好です。設立は1969年で、この地域では老舗の一つとして知られています。これまでの歴史や実績に魅力を感じる人も多く見られます。全体の構成としては、はくちょうとおしどり、セキレイの三つのコースから成り立ちます。戦略性も高く気を緩めると苦しくなりがちな本格派と言えるでしょう。心が落ち着く美しい景色も魅力の一つです。

様々な施設が存在していますが、歴史や料金、コースの難しさ、トーナメントの利用回数など、選択基準はさまざまと言えます。このような基準の中から、自分が何に重きを置くかを考えて絞り込むことで、選びやすくなるでしょう。