ゴルフ用品:適切な靴の選び方

テニスやサッカー、野球など様々なスポーツがありますが、どのようなスポーツでも、その競技にあった専用のシューズがつくられています。ゴルフを行う場合にも、プレーをするのに最適なシューズとして、ゴルフシューズを履くことになるでしょう。芝の上で行うことがほとんどですが、実は芝は思っている以上に滑りやすくなっています。けがをしないようにするためにも、また快適にプレーをするためにも、専用の靴を用意することは重要なことです。特に初心者の場合には、今後の上達の為にも、準備の段階からしっかり行うことが大事です。

通常の靴とゴルフシューズの一番の違いは、靴の裏にあるソールです。芝生の上が非常に滑りやすいため、滑りにくいようにつくられています。ソールは主に2種類があり、現在のところはスパイクレスソフトスパイクと呼ばれるものが主流となっています。スパイクレスと呼ばれるものは、一見みると通常のスニーカーのように見えるでしょう。しかしソールがでこぼこしているので、芝生の上では滑りにくい構造となっています。スイングをする際には、さまざまな部分に負荷がかかりやすくなっていますが、そのポイントを特殊な作りにしているものもあります。一方でソフトスパイクの場合には、ソールに取り外しができる樹脂製のスパイクが付いています。スパイクレスよりもさらに滑りにくいと言えるでしょう。特に初心者の場合には、スパイクレスを選ぶのがおすすめです。

滑りにくいということはソフトスパイクの方がよいのではないかと思う人もいるかもしれませんが、スパイクレスも非常に滑りにくくなっています。近年ではアメリカで活躍しているプロゴルファーの中にも、スパイクレスを着用している選手がいるほどです。スパイクレスシューズは普段履きも可能であるため、使い勝手の良さもメリットと言えます。ゴルフに行く際に、車を運転したり電車に乗る際にも靴を履いたまま乗ることができるため、専用のシューズを持ち歩く必要もありません。通常のスニーカーのようなデザインのものも多く、好きなデザインのものを選ぶことができるでしょう。

そして一般的な締め方としては、靴紐で締めるタイプが主流となっていますが、近年ではダイヤル式のものが増えてきています。ダイヤル式であればワンタッチで締めたり緩めたりすることができます。靴紐タイプと比べるとやや値段は高くなりますが、靴全体を均一に締めることができたり、足にフィットしやすいなどメリットがたくさんあります。そして素材については、比較的リーズナブルでお手入れも簡単な合成皮革が、初心者にはおすすめと言えます。